メニュー

Q&A - じゅばりー-京都府精華町のインターナショナルプリスクール

お電話でのお問い合わせは
0774-95-3995

お問い合わせ

Q&A

よくあるご質問

服装について

1歳児、2歳児クラスは自由です。年少クラスより制服を採用しています。2015年4月より機能性がアップした新しい制服に変わります。

給食について

昼食はお弁当を持ってきていただくか、給食を注文していただきます。給食はアレルギーをお持ちのお子様にも対応しています。

英語教育がメインだと日本語が心配です。

日本語を話し始める前に英語環境に入れることに心配をされる方はたくさんいます。
インターナショナルプリスクールで生活してても日本語をちゃんと話せるようになるかどうかは、そのプリスクールのカリキュラムと通われるお子さんによります。
2歳から4歳の間に幼児はたくさんの語彙を習得します。人生の間で一番習得率の高い時期です。語彙習得の黄金期にきちんと学ぶことは大切です。当園には日本語授業があります。しかし、同じ日本語授業を受けておられても個人個人で語彙の習得数が違ってきます。普通に生活しているだけで通常量の日本語語彙を習得する子もいれば、そうでない子がいます。幼児期に習得すべき量と質を指導し、保護者様にはアドバイスさせていただきながら、プリスクールという英語環境が主な生活でもしっかり日本語力を身につけております。

日本語学習について

16時からは、日本語で国語、算数、ちえの学習をしています。日本語学習は、日本人にとって欠かせない学習ですからオプションではなく、ロングコースの全園児に受けていただいています。高いレベルの外国語を学ぶために、母国語の基礎をしっかりと身に着ける必要があります。母国語の語彙量が乏しいのに外国語の語彙量を増やしていくことは出来ません。語彙量が少ないと表現力が乏しくなり、読解力、文章力、いろんなところに影響を及ぼしてきます。当園では、幼児期に必要な語彙力を身に着け、読む力、書く力、聞く力、考える力を養います。また、私立小学校受験を視野に入れて、内容にこだわって学習しています。

卒園後の進路について

日本語教育、立ち振る舞いなどの社会性を日常の生活の中できちんと指導しておりますので、当園からはインターナショナル系の小学校だけでなく私立の小学校へも多く進学されています。年中クラスの頃より、卒園後に対する保護者様の意向、お子様の様子、進学希望小学校などをモニタリングしながら進学相談をします。
現在まで小学校入学試験受験者全員合格をしています。
(K1クラスよりロングコース受講されいることが条件)
【過去の小学校合格実績】
同志社国際学院小学校、帝塚山小学校、近畿大学付属小学校、奈良女子大学付属小学校
奈良学園小学校、京都聖母学院小学校、KIUインターナショナルアカデミー

アフタークラスについて

公立小学校、インターナショナル系でない私立小学校へ進学されると、日本語での授業となり英語力の低下が懸念されます。当園で培った英語力を引き続き伸ばしていただくために週2回のクラスを設けています。

親は英語が話せないが大丈夫でしょうか?

手紙などは日本語で配布します。園と保護者間の連絡は日本人保育士が対応しますのでご安心下さい。

Copyright © じゅばりーインターナショナルプリスクール All Rights Reserved.